管理職研修・セミナー・講座なら|TRAD田畑人間科学研究所

Tel. 03-5214-0278

管理職が変われば会社が変わる
経営陣も従業員も納得の“育成”と“人事”制度

社労士であり経営者×人事のプロで大学教授

TRAD田畑人間科学研究所の特徴Characteristics of our company

当研究所の2トップ。私たちが、必ず研修を担当します!

田畑 啓史

TRAD田畑人間科学研究所 所長田畑 啓史たばた けいし

京都産業大学経済学部卒
京都市出身(1974年生まれ)
社会保険労務士

大学在学中に社会保険労務士資格を取得し、卒業後都内大手総合会計事務所に入所。会計業務を経て、社会保険事業部の責任者を務める。独立開業後、TRAD社会保険労務士法人代表、TRAD田畑人間科学研究所所長として現在に至る。

中川 直毅

TRAD田畑人間科学研究所 顧問
名古屋芸術大学 教授
中川 直毅なかがわ なおき

青山学院大学大学院法学研究科修了
京都市出身(1960年生まれ)
特定社会保険労務士

東証上場の名門総合メーカーや製薬会社、電機部品会社などの人事部長、人事総務部長などを経て、現在は名古屋芸術大学 人間発達学部 教授。同大学キャリアセンター長。専門は、労働法、経営人事。
TRAD社会保険労務士法人顧問、安村公認会計士事務所顧問の他、一般社団法人洛陽労働法務キャリア支援機構代表理事・理事長や、京都華頂大学などの非常勤講師も兼職している。

私たちの研修は「単に知識を身につける場」を提供するものとは異なります。

長年現場で培った育成やマネージメント経験、人事部長、法務部長、社会保険労務士として人事、法務、労務での専門知識や経験を受講生の方に惜しみなく提供することで、管理職として経験が浅い方でも育成やマネージメントで直面する課題解決の疑似体感をしていただくことができます。
また、問題解決力、巻き込み力の養成を中心とした研修についても、長年培った知識や経験を惜しみなく提供することで、上級管理職の方でも効果的な能力を身につけることが可能です。

貴社のニーズに合った講習内容を、チョイス
オリジナル研修を提案!

プレゼン力、問題解決力、リーダーシップ力などのスキルUP講習と、企業とコンプライアンス、管理色の労働法、ビジネスに活かす契約法務などのコンプライアンス講習、30種類75講座の中から・・・選択、自由な組み合わせができます。

何度でも・・・継続が大切です。 ⇒ リーズナブルな対応で実現!

主な研修内容Training contents

ビジネス「汎用」能力の研修体系~スキル系

ビジネス「汎用」能力の中でも、管理者がチームリーダーとして部下を統率したり、
部課を代表して問題解決を行ったりする能力を育むものを「スキル系」の研修メニューとし、下表のような分類を行っています。

  • 段取り力
  • メンタルマネジメント力
  • 報・連・相の力
  • 文章力
  • 問題解決力
  • コーチング力
  • プレゼン力
  • 部下育成力
  • キャリア形成力
  • コミュニケーション力
  • リーダーシップ力
  • マネジメント力
  • 巻き込み力

※上記メニューから、打ち合わせのうえ、オーダーメイドの研修メニューを選択していただきます。

製造業A社様(従業員数800名)の事例

当社では、毎年、10名程度の新任課長が昇格試験を通過し、晴れて管理職となります。
皆、プレーヤーとしては選りすぐりの人材であり、成果志向の働き方をする者が多いのですが、昇格試験でマネージャーとしての資質を審査しているにも関わらず、いざ実践でマネジメントをやらせてみると、チームとしての成果が出せない新任課長が相当数いることが課題でした。当社は歴史ある企業で新卒社員を長期に渡って育成し、幹部社員へ登用していくのが慣例ですが、ある種、惰性的な昇格制度になってしまっている節もあり、せっかくの基幹人材であるはずの管理職層が十分な力を発揮できないまま、その力を持て余しているような状態がジレンマとしてありました。
業務遂行能力のある社員は、少人数のチームならある程度までは自分の力でカバーできるため、一見成果を出せるように見えます。ただ、新任課長となって部下の数が一気に増えると、突然、うまくマネジメントすることができなくなります。チームとして成果が出せなくなると、全てを自分の力でやろうとして部下に仕事を振らなくなったり、精神論に走って部下を炊きつけたりする悪循環が生じているようでした。業務遂行能力の高い新任課長ほどその傾向が強く、まずは、彼らにチームマネジメントへの発想の転換を教育する必要があるとの課題認識があった折、ちょうど出会ったのが、TRAD田畑研究所の管理職研修でした。
最初に、当社の実情をヒアリングしていただき、詳細な打ち合わせをしていただいたうえで、今の当社に必要と考えられる研修内容をご提案いただきました。特に、コーチング力、リーダーシップ力、マネジメント力の講座等は、チーム力を高めることができるスキルとして非常に効果があり、これら複数のメニューを組み合わせて継続的に研修を行うことで、これまで機能していなかった課長達が、見違えるようにチーム意識を高め、マネジメントに取り組むようになりました。TRAD田畑研究所様には、現在においても定期的にコンサルティングを行っていただいており、効果測定をしていただきながら、研修内容をブラッシュアップしていただいています。

(A社 人事部長 様)

ビジネス「汎用」能力の研修体系~コンプライアンス系

ビジネス「汎用」能力の中でも、企業規模に応じて求められる法令遵守の知識習得を想定したものを、
「コンプライアンス系」の研修メニューとし、下表のような分類を行っています。

企業規模
基礎編(100人~300人)
  • ビジネス法務概論(基礎編)
  • コンプライアンス概論
  • 労働法概論
  • ハラスメント概論
  • 安全衛生概論
応用編(300人~1000人)
  • ビジネス法務概論(応用編)
  • 不正競争防止法
  • 会社法
  • 個人情報保護法
  • 著作権法
  • 下請法
  • 景品表示法

※上記メニューから、打ち合わせのうえ、オーダーメイドの研修メニューを選択していただきます。

製造業B社様(従業員数200名)の事例

当社は従業員数200名程度の企業ですが、その半数は生産職の工員であり、有期契約者または短時間勤務労働者特有の労務リスクを抱えており、安全衛生面の配慮も行う必要があります。当社は老舗企業で、成熟市場で商いをしていることもあって、昔から続く慣行を良しとする風潮があり、企業規模もそれほど大きくないことから、法規制にさらされる機会も少なく、管理職のコンプライアンス意識の低さを課題として認識しておりました。
役員陣は「大事に至ってからでは遅い」と日々肝を冷やしていますが、それでも、工場の管理職は昨今の労働契約法や下請法の改正などには無頓着で、先日、管理担当役員が管理職を集めて詰問したところ、現在の法律に照らし合わせると、違法まがいの実態が次々と明らかになる始末でした。また、何がハラスメントなのかもわからずに、部下とコミュニケーションを取ってしまい、被害を受けた社員が役員まで直談判してくることも稀にあり、モラルの低さが組織力の低下を招いているとも言えました。
生産本部長として、工場を統括する身としては、管理職層にもっとコンプライアンス意識を身に着けてもらい、工場が抱えるリスクを減らし、規律ある組織を目指したいという想いがありました。
TRAD田畑研究所のコンプライアンス研修は、基礎編と応用編に分かれており、当社のような中小企業が抱えている問題にも対応していただける内容でした。まずは基礎編を選択し、コンプライアンス意識の低い管理職層に対して、各種法律の基礎知識と、なぜコンプライアンスが重要かという根本的な考え方から学ばせることにしました。
受講者達からは、研修内容の良さもさることながら、講師の卓越した「教えるスキル」に感嘆する声が多く挙がっており、法令順守に対する意識の変化が見られました。大きな法改正の際はもちろんですが、新任管理職層にも継続的に実施していきたい内容でした。

(B社 生産本部長 様)

セミナーのご案内Information on seminars

2019年10月8日開催いたしました
「管理職必聴!組織マネジメント実践講習会」につきまして、大盛況のうちに終了いたしました。

中川顧問が組織マネジメントについて講演致しました。
第一講義においてはパワハラ法務について
第二講義においては営業に役立つ人脈力について
経験に基づいた非常に実践的な内容を提供できたものと存じます。

34名様もの方にご参加いただきました。ご来場・ご清聴下さいました皆様、誠にありがとうございました。

また、講演前には弊所代表の田畑が今後の事務所・研究所の基本方針について熱い想いを語り、その姿勢・思想に対し大変なご好評をいただきました。

講演につきまして今後も続けて参る予定でございます。各回、皆様にとって有益かつ実践性に富んだ内容を提供して参ります。皆様のご意見を頂きながらより良い運営を目指して参りますので今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

【セミナーのご案内】

追ってご連絡します。

セミナーの様子
セミナーの様子

2019年1月25日・1月28日に東京・京都で開催いたしました「直前!珠玉の働き方改革法の実践講習会 ~100%使いこなしていく方策が、ガッチリ分かる講座~」は大盛況のうちに終了いたしました。

中川顧問、弊所所長の田畑がリレー形式で講演し、働き方改革法について講習いたしました。2019年4月より大きく変わる働き方について、題にあります様に単に知識を増やす為の講習ではなく、実践で通用する具体的な内容を数多く提供できたものと自負してございます。

東京で72名様、京都で31名様と、合わせて103名様がご参加下さり、お蔭様で各会場とも満席での開催となりました。ご来場・ご清聴下さいました皆様、誠にありがとうございました。残念ながら満席にて、受付に漏れてしまわれた方につきまして、お詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。是非、次の機会にご参加いただけますと幸いです。

本講習会はシリーズ化し、今後も続けて参る予定でございます。各回、皆様にとって有益かつ実践性に富んだ内容を提供して参ります。皆様のご意見を頂きながらより良い運営を目指して参りますので今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

セミナーの様子

書籍のご紹介Introduction of book

要説 キャリアとワークルール
要説 キャリアとワークルール
1,782円(税込み)

中川顧問と代表田畑の共著書物が発売されました。
本書は中川顧問が大学において担当しているキャリア論や労働法の授業の講義録と、社会人講座で講師をしているキャリア教育の講演録から、とくに重要なテーマを厳選した一冊です。
実務家として活躍している田畑も一部執筆し、実務的な面をより強化しております。自己の“キャリア"を考えていくことは、人生をより豊かにしていく上で大変重要なことです。そして、働く上での“ワークルール"、労働法の基礎知識を学んでおくことも、自己が法的に守られるためにもとても大切なことです。本書はこれらを意識し著されたもので、初学者から人事のベテランの方まで多くの方に読まれたい一冊です。ご好評につき、Amazon、Yahoo!や紀伊国屋など、各媒体にて電子書籍としても販売されております。 是非、お読みいただければと存じます。

キャリア編
  1. キャリアを考える
  2. 働くことは、人生を豊かにすること
  3. 雇用の動向を知る
  4. 会社やNPO法人で仕事をする
  5. 働く世界を知る
  6. 中高年齢者(ミドル・エルダー)のキャリア
ワークルール編
  1. 労働法の概観と労働契約・就業規則
  2. 賃金の法律知識
  3. 労働時間・安全衛生
  4. ブラック企業に近づかないために
  5. 労働組合法
働くためのスキル編
  1. 問題解決スキル

お問い合わせContact Us

管理職研修をはじめとする各種研修、セミナーのお申込みなどは
下記より、電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

受付時間 平日9:30~17:00

Tel. 03-5214-0278